« REST2/ 1DAY TO IRONMAN 70.3 SINGAPORE/ REGISTRATION & BIKE CHECK-IN | トップページ | REST1/BODY&LEG TREATMENT1 »

2012年3月18日 (日)

AVIVA IRONMAN 70.3 SINGAPORE 2012-RACE REPORT

昨年CHALLENGE ROTHが終わった後、2012年はIRONMAN AUSTRIAを目標にしていました。しかしながら、度重なるふくはらぎの部分断裂(肉離れ)により、このままでは競技を続けられなくなると思い、2012年は2013年/2014年を怪我なく走れる様にベースを作る年にし、IRONMAN AUSTRIAを見送りました。

その見送ったレース代替がIRONMAN 70.3 SINGAPORE、CHALLENGE CAIRNS 2.80.20、IRONMAN 70.3 YEPPOON。SINGAPOREはシーズンの初戦。昨年後半にINNER SOLEを作ってなんとか脚が走れる様になったので、楽しみにしていましたが、トレーニング量が明らかに少ないので不安も当然ありました。

2009年にトレーニングを再開してから初のアジアの、更には南国のレース。日本人が99名も参加しているレースは初めてで若干緊張気味(笑) 5時間を切るつもりで乗り込み、撃沈。以下その撃沈REPORTです。

Ironman_singapore_703

Result

03:30
今晩21時のフライトでBRISBANE戻り。昨日18時迄部屋を使わせて貰えないかと交渉しましたが、満室なのでLATE CHECK OUTが物理的に無理との事で、RACE SITEに持っていく物とHOTELに預けるものを分けつつ、朝食。朝食はいつもオレンジジュースとシリアルバー。04:15にCHECK-OUT。

1

05:00
04:30頃にはWHITさん含むRACE関係者が出発、その後、平松PRO/飯田PRO/竹谷さんが下りて出発。自分は"GO10"さんと一緒に05:00頃出発。朝はTAXIを予約してないと移動が不便です。待機料含でS$20/CAR。

05:10
到着してからRACE NUMBERを肩から肘にかけてペタペタ。

2

この後、TRANSITION AREAに入りBBQカバーを取り用意をしました。

3

昨晩の豪雨を考えると何処に行くにもカバーは必要ですね。

4

用意を1時間程で行いテントへ。

07:00
TRANSITION AREA CLOSE。参加者は皆SWIM START地点へ移動です。SWIMは1ST LAPがロープを張っている内側、その後、陸に上がってその外を回るコースです。分かりにくかったので、ELITE/PROが出発してから戻ってくる軌跡を確認しながら、海で放○。恐らくあの時間帯は誰もが放○していた事でしょう。

07:40
AGE35-39のAGE GROUPが待機所へ。前WAVEがスタートしてから最前線へ。今回は横一列の右側(内側)前列2段目の位置取り。海のOWSは大学生依頼で、波と流れがあるコースを泳ぐという事で混雑しても最短ルートを回る作戦です。

SWIM-1.9km/ 43:49 (79/220)

Swim_map

プォ~ンという音と共にAGE GROUP220人が一斉に海に飛び込みます。鮭の産卵状態で激しく横から身体や腕が飛んできます。第一ターンを終える頃にはばらけて随分と泳ぎやすくなりました。第二ターンは若干の流れを感じました。波も若干高くなったイメージです。若干数の前WAVEを捕らえながら、クラゲに刺されつつも、1ST LAP終了。

陸に上がって2ND LAPへ。第一ターンを過ぎてからは更に前WAVEが立ちはだかり、第二、第三ターンに進むまでは大苦戦。第二~第三までは遮られて大変だったのか、流れがあって大変だったのか覚えてません。どうも遅いと思いながら、2ND LAP終了。

結果43:49。過去WORSTの記録でSWIM FINISH。

TRANSITION-1

TRANSITIONは板の上を走らず、芝生の上を走り、ここで数名を抜きます。昨日考えていた事が当たりました。

BIKE-90km/ 2:40:15 (63/220)

Bike_map

BIKEは30kmを3LAPS。

実は今回CYCLE COMPUTERの後輪につけるセンサーをトレーニングホィールに付けたままSINGAPOREに来てしまい、昨日EXPOで代替品を探しましたが、見つかりませんでした。今回は体感でどこまで行けるか自分で制御しながら乗る事にしました。

作戦は1ST LAPを若干押さえ気味で入り、2ND LAPに入る時に脚の調子を見てそのままのペースを維持するか決めるというものでした。

1ST LAPでは結構押さえ気味に入る人が多いせいか、目の前には常に人が居るイメージです。故にDRAFTINGと見なされる可能性もあるので、自分が後方になった場合は、下がるか、そのまま5-6人の前に出るか決断をするケースが何度もあり随分と勉強になりました。しかし、DRAFTINGをしている参加者が多い事、多い事。後方50cmピッタリに張り付いていたり、随分酷いです。

1ST LAPで常に前後するRACE NUMBER539の人とここから抜きつ抜かれつの2人だけのDEAD HEATが開始。

Sinbike

2ND LAPに入っても良い感じで進めるのでPACEを維持を続行。2ND LAPでGO10さんを捕らえました。自分より先にSWIM UPされていました。

2ND LAPあたりから給水を小まめに取っていましたが、RACE PACEでHIGH5-GELを30分に一本ずつ取るだけでは足りなかった様で、水を飲んでもGELを取っても少しずつPOWERが出なくなってきました。更に何処かでGELを2本紛失。予備も使うペースで補給しろと感覚が言うのですが、肝心の補給物がなくここからはペースと補給の我慢比べ。

3RD LAPに入り、完全に集団がばらけ、目の前に誰かが居るという事がなくなりました。かなりの時間を単独走していた感じがします。東の折り返し地点で最後の1本を投入して、後は15kmを水分以外の補給なしで走行。脚は少しは疲れている感じはありましたが、RUNに余力はあるだろうと思っていました。でも、少しハンガーノック気味。

結局BIKEは2:40:15(63/220)。2:30:00を切るつもりでいましたが、CYCLE COMPUTERなし、補給食の準備不足、補給の失敗を考えると妥当な記録でなるべくしてなった記録だと思います。

TRANSITION-2

INNER SOLEをK-SWISSに差込んでから、GELを1本投入しSTART。

RUN-21km/ 2:59:12(134/220)

Run_map

STARTする時に時計を見ると3時間30分程。5時間を切るには1時間30分で走らないといけないのか、と思いSTARTっと思ったら、脚が微動だにせず脚が全く動かずお爺ちゃんJOG。イメージは普段の走力の10%程。確かに明らかにSWIM/BIKEのトレーニング量と比較するとこうなる事は目に見えていた事ではありますが、ここまでとは。

1ST LAPでGuTAROのお二人に抜かれ、更にはMITやKONA WINDSの人にも次々と抜かれ、自分のPERFORMANCEに失望。恥を晒している様なもんだと思い、ここで止まる理由が出てこないかと色々な悲観的でズルイ自分と格闘。なんとか辛抱して2ND LAPへ。

2ND LAPになって脚が少し戻りました。日陰に居る時は良いのですが、太陽に曝されている時は暑くて辛く、更に脚が動かない状態でしたが、絶対に歩かない事と前に進む事だけを考えました。途中で余りにも情けない自分に、5時間を切りにきたつもりが撃沈状態している自分に涙が出ました。そんな状態で2ND LAP終了。

3RD LAP。随分と抜かれ走っている人の数も少なくなりましたが、兎に角絶対に歩かない事と前に進む事だけを考えてお爺ちゃんJOGを継続。最後の4kmは息でリズムを取りながらヒーヒー言いながら池の周りを回ってFINISHへ。

Sinrun

結果はIRONMAN 70.3 ANTWERP 2010よりも1時間以上も遅い記録でした。

Sinfinish

----------------------
AGE35-39-220
----------------------
SWIM 43:49 79/220
T1 2:35
BIKE 2:40:15 63/220
T2 3:10
RUN 2:59:12 134/220
----------------------

TOTAL:6:29:01

----------------------

Sinfinish2

45

終わってから会場で炭水化物を摂取してそろそろ帰ろうかと思っていたら、豪雨・雷雨。夜のフライトの事もあるので、雨が落ち着いた時を見計らってHOTELに自走で戻りました。

HOTELに戻って、4TH FLOORのFITNESS CENTREでシャワーを浴びて荷物を纏めてCAFEで一休み。

5

GO10さん家族にお付き合い頂きCOFFEE TIME。素敵な御家族で楽しいCHATをさせて貰いました。18時前に空港へ行き21時のQF052でBRISBANE戻り。今回もBIKEBOXALANがTT BIKEをしっかり輸送から守ってくれました。

6

QANTASは自転車の箱の大きさに制限がないから随分と便利です。今回は超過料金なしで輸送できました。

今回良かった事は
1.体感でのペース制御でBIKEでそこそこ踏めた。90km-2:30:00を切れるイメージを掴めた。

反省点、次回への課題
1. 海でのOWSはキックを上手くうてないと進まない。今回は流れと前WAVEに遮られたとはいえ、元々タイミング取りでしか使わない為、それが結果に如実に出た感がある。(濁ってて前が見えない事は苦になってない。泡でDRAFTING TARGETを捕捉できる。)次の1-2ヶ月で修正。
2. RACEでの補給は練習よりも早く行う事、その上で予備も含めて補給食を用意する事。
3. 補給食にカフェイン入りの物を入れておきたかった。VESPAが間に合わなかった為、投入出来ず。補給食の準備を怠っていた結果。
4. 単純にRUNの練習量を上げる必要性あり。回復途中の脚が負荷に耐えれていない。
5. 一人での練習に限界がある為、現地のTRI SQUADに入り刺激を受けつつ競う必要性あり。

レースは良い事もあれば、悪い事もあるし、結果は当然なるべくして起こる事が多いので、次に向かって気持ちを切り替えて前に進みます。

Ironman_singapore_703Challenge_cairns_press

Logo Tq

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
★JAPANESE TRIATHLETEのBLOGはコチラから★

|

« REST2/ 1DAY TO IRONMAN 70.3 SINGAPORE/ REGISTRATION & BIKE CHECK-IN | トップページ | REST1/BODY&LEG TREATMENT1 »

トライアスロン/トレーニング/旅行/地域」カテゴリの記事

コメント

レースお疲れさまでした。

足の具合がよくないようで心配してました。
それでも気合いで完走ですね!

GORIさん、バイク速いですね~。パワーがあるんでしょうね~。

投稿: ゆう | 2012年3月20日 (火) 10時55分

ゆうさん

こんばんわ。時々BLOG覗かせてもらってます。最近の記事サイズ沼興味深いですね。

今回は色々と練習不足・準備不足・失敗の積み重ねでダメダメでした。BIKEは2:30:00を切るつもりだったのですが、2:40:00でRUNで潰れる様ではまだまだダメですね。

次のレースが6月の頭にあるので、また仕切りなおしです。ゆうさんも頑張ってくださいね!

フルマラソンに拘らずHalf Ironmanにでも出られのも自分はいいと思いますよ。Short結構速かったですよね。今の練習量なら大丈夫だと思います。

GORI

投稿: GORI | 2012年3月21日 (水) 00時37分

いやーおつかれさまでした。
私ならRun入って即リタイヤしてたと思います。
蒸し暑い中での気合いの完走、さすがです。

スイムの2NDLAPへは岸を走るんですね。。
バイクカバーいいですね。アイデア頂きです。

私もごりさん見習ってBIKEALANで転戦できるよう精進します。

投稿: とむとむ | 2012年3月28日 (水) 05時17分

とむとむさん

ご無沙汰です。ちょっとこの1週間忙しくて更新を怠けてました。

今回はちょっと情けない結果で良いところがまったくなくて困りました。4-5月は日本・中国出張連発でBIKEに乗る時間がないので、6月のIRONMAN HALF CAIRNSはFUNになりそうです。

いつかどこかのレースで一緒しましょうね!

GORI

投稿: GORI | 2012年4月 4日 (水) 04時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523053/54260035

この記事へのトラックバック一覧です: AVIVA IRONMAN 70.3 SINGAPORE 2012-RACE REPORT:

« REST2/ 1DAY TO IRONMAN 70.3 SINGAPORE/ REGISTRATION & BIKE CHECK-IN | トップページ | REST1/BODY&LEG TREATMENT1 »