« TRAINING PROGRAM WEEK42-SATURDAY/ STRETCH6AB + (LONG)RUN2-LONDON CITY PARK TOUR(HAMPSTEAD HEATH/THE REGENT'S PARK/HYDE PARK)-120min/20.7km | トップページ | TRAINING PROGRAM WEEK43-MONDAY/ REHABILITATION DAY1/ MCR1-12hours »

2010年10月25日 (月)

TRAINING PROGRAM WEEK42-SUNDAY/ STRETCH7A + LONG STAY AT ST MARY'S HOSPITAL(NHS)-CYCLE ACCIDENT i/o BIKE1-LONG RIDE WINDSOR A308

今日は3時過ぎに起きたのですが、ベッドから起きれず5時過ぎにSWISS COTTAGEを(CANNONDALEに乗って)出発。HEAD TOACHをHELMETに装備してLIGHT3本でWINDSOR迄行く予定でしたが・・・。

午前のメニュー

-----STRETCH7A-----

4kinds/ 20sec hold per each leg

-----BIKE1-----

Route: Windsor Bike
Activity: Cycle
Started: 2010/10/24 5:28:06
Ride Time: 11:34
Stopped Time: 8:27
Distance: 5.27 km
Average: 27.33 km/h
Fastest Speed: 40.13 km/h
Climb: 11 meters
Calories: 71
Official Route: No
http://www.cyclemeter.com

Bike

------------------------------

STRETCH: -----
BIKE: 11min/ 5.3km

BIKE: PADDINGTONを越えて25-30km/hで走行していました。ここの路面は結構荒れている上に信号も結構多いので、抑え気味でした。

車道の信号がGREEN、歩道の信号がREDなのを確認して直進していたら、歩道に3-4人が居るのが分かりました。その内。1人が突然道を小走りで渡り始めました。このまま直進しても接触しないなと思った、その時、いきなり歩道の真ん中で突然止まるではありませんか。

しかも戻り気味に(オイオイsweat01)。

歩行者を避けようとFULL BRAKINGで左に避けようとしましたが、避けきれず右肩が激しく歩行者のPC入りの鞄にHITし、左半身から地面に落ちました。幸いにも左半身はSLINDINGしながらの着地だったので、其処まで酷くはありませんでしたが、右肩は感覚が麻痺している時点で相当痛かったので、元通りに体が戻るのかという心配が先行。

地面に落ちた後は、ぶつかった歩行者と歩道に居た3人が『大丈夫か』『AMBULANCEを呼ぶか』と聞いてきましたが、自分の意識がはっきりと戻ってからは、『POLICEを呼ぶ必要がある』と言った処、『BIKEは大丈夫だし、見た目も大丈夫そうだ。』『少しのお金ならあるからやる』と言って、阻止しようとしてきましたが、これは電話番号を聞いていても、治療費を取れる保証はないと思い、POLICE(#999)を呼びました。POLICEに相談したら、『AMBULANCE CARも送るから乗りなさい』と言われました。

POLICEを電話で呼んでからは、その3人の友達の引き際が早い事(笑)寒いからと言って早々に立ち去り、CAFEからこちらの様子を見ていました。歩行者と若干会話をしましたが、赤信号で渡ったという事、彼が赤信号なのに渡った=RISKをとって渡った事を確認。更に、UZBEKISTANから来た学生だという事も分かりました。

結局POLICEが来たのは30-40分後、この間体の震えが止まらず、頭へのダメージからなのか、風邪を引いたのか分かりませんでした。

POLICEとANBULANCE CARが同時に到着。双方から事情聴取され、状況を淡々と説明。『何でWINDSOR迄BIKEで行こうとしたんだ』、『何で100mileなんだ』、『今までに行った事があるのか』との質問を何回もされて『来年TRIATHLON LONG DISTANCEに出るから』、『この時間帯にでないと門限の9時迄に帰れない』等と説明しても納得して貰えず(まぁ、普通の人には理解は難しいけど、確かに)、困っていたらAMBULANCE CAR DRIVERの若い兄ちゃんが『こいつはIRONMANやってんだよsign03』と一喝(笑)POLICEは苦笑いして質問終了。

兄ちゃん、有難う。

結局、AMBULANCE CARにBIKEと一緒に収容されST.MARY'S HOSPITAL(NHS-24H)に搬送。簡単な受付をAMBULANCE CAR DRIVERにして貰い、若い兄ちゃんは『IRONMAN頑張れよ、GOOD LUCK MATEsign03』と言い、早々に帰っていきました。リハビリして絶対戻るよ。

X-RAYを5枚程取り見て貰いましたが、骨に異常はないのでPHYSIOTHERAPY WAK-INに行けと言われましたが、搬送されてからこの言葉を貰う迄、4時間。NHSは無料だし、程度で優先度合いが違うので仕方がないのですが、長かった。途中KITE SURFING中に落下し骨折した綺麗な女性とX-RAYの前で話をして、お互い頑張ろうと言ったっけ。

Photo4

病院内なのに3時間程、この寒い空間で座っていた様な・・・

BIKEは接触でGEARが自動変速機能がついた様に変わるわ、傷だらけ。そりゃ5m以上飛べばそうなるか。TAXIにBIKEを詰め込みSWISS COTTAGEへ。

帰宅してから歩行者から教えて貰ったTEL番に連絡するものの、CALL FAILEDになるしTEXTを打っても返ってこないので、不安が増大・的中。METROPOLITAN POLICEにTELをして、歩行者の連絡先を教えて貰いたいと聞いたら『COMMUNITYのLEGAL ADVISEに行け、そうでなければ教えられない。』と言う。

こういった事はLONDONに来て初めての経験だったので、RUN仲間に知人が居ないか聞いて貰いました(M先生/Hさん有難う御座いました)。先ず分かった事は、

①LEGAL ADVISEを取っても、結局どこの弁護士がその案件を担当出来るか紹介してくれるだけ。つまり弁護士のところに直接行くのと変わらない。
②POLICEから相手先の連絡等を取得するには、弁護士資格等を持っている人のみが可能。

という事で、歩行者から治療費やBIKE修理費等を貰うには弁護士を雇わないといけない様で、明日から弁護士と費用請求の打合せが代替トレーニング。ついでにUKで弁護士を雇用して費用請求をする貴重な経験付です。

時間が経つに連れて右肩がどんどん痛くなるのですが、PAIN KILLERを飲むと思考が鈍るので飲めません。交通規則を守っていて、これで費用を取りっぱぐれたら本当に最悪です。何よりも来年のトレーニング量に耐えれるだけの体作りをしないといけない時にトレーニング出来ないのが本当に悔しい。

右腕は(所用時間外は)吊っていますが、今回は問題なく歩けるだけでも良かったかもしれません。

あぁ、トレーニングしたい。

Logo

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
↑TRIATHLETE-NETWORK拡大の為、1日1クリックお願いします★

|

« TRAINING PROGRAM WEEK42-SATURDAY/ STRETCH6AB + (LONG)RUN2-LONDON CITY PARK TOUR(HAMPSTEAD HEATH/THE REGENT'S PARK/HYDE PARK)-120min/20.7km | トップページ | TRAINING PROGRAM WEEK43-MONDAY/ REHABILITATION DAY1/ MCR1-12hours »

トライアスロン/トレーニング/旅行/地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523053/49845358

この記事へのトラックバック一覧です: TRAINING PROGRAM WEEK42-SUNDAY/ STRETCH7A + LONG STAY AT ST MARY'S HOSPITAL(NHS)-CYCLE ACCIDENT i/o BIKE1-LONG RIDE WINDSOR A308:

« TRAINING PROGRAM WEEK42-SATURDAY/ STRETCH6AB + (LONG)RUN2-LONDON CITY PARK TOUR(HAMPSTEAD HEATH/THE REGENT'S PARK/HYDE PARK)-120min/20.7km | トップページ | TRAINING PROGRAM WEEK43-MONDAY/ REHABILITATION DAY1/ MCR1-12hours »